サプリメントを飲むだけで高血圧を解消できる

女性
  1. ホーム
  2. 海藻の種類で作用が違う

海藻の種類で作用が違う

レディ

硫酸基がキーポイント

健康食品として人気が高いフコイダンのサプリメントは、モズクやガゴメ昆布などが主な原料になっています。ですがフコイダンは海藻が持つヌメヌメの液体に含まれておりますので、殆どの海藻がフコイダンを持っているのです。ただしフコイダンを構築している糖の種類や硫酸基の数など、構成内容は個々の海藻で大きく異なります。フコイダンは原料によって特質や健康効果も微妙に違いますから、それらを精査した結果、モズクやガゴメ昆布の方が、フコイダンの含有量に優れ、健康効果も高いという理由で、健康食品に広く使われているのです。つまり、サプリなどの健康食品を買う時は、濃度や配合量をチェックするほか、使われている原料を確かめることが大切になります。一般的にフコイダンのサプリは、単品の原料で作られていますが、中には複数の原料を使って作られた製品も見られます。そのサプリでは個々の海藻が持つ違ったフコイダンが入っているため、単品種のサプリと比較して、幅広い健康効果が期待できることが特徴です。フコイダンは多糖類に分類される成分であり、このカテゴリーにはキノコなどに含まれるベータグルカンもあります。どちらも免疫力を高めたり、ガンを抑制する働きなどがあるとされていますが、海藻類を原料とする多糖類は、硫酸基が結び付いている硫酸化多糖類であることが大きな違いです。フコイダンがほかの多糖類と違い、特別な働きを見せるのは、この硫酸基を含んでいることが深く関わっているとされています。